S_ReplaceAll

S_ReplaceAll

機能
すべて置換(実行)
説明
置換ダイアログで [すべて置換(&A)] ボタンを押した時の動作
構文
void S_ReplaceAll ( S1 , S2 , i1 )  使用例

引数内容
S1文字列置換前の文字列
空文字列 (’’) は受け付けない。
S2文字列置換後の文字列
i1整数数値置換ダイアログの状態を10進数数値で指定する
設定値
引数 i1 の設定値は次のとおりです。

それぞれの bit が 0=チェックOFF / 1=チェックON
bit内容
0単語単位で探す
1英大文字と小文字を区別する
2正規表現
3見つからないときにメッセージを表示
4置換ダイアログを自動的に閉じる
5先頭(末尾)から再検索する
6クリップボードから貼り付ける
70=ファイル全体 / 1=選択範囲
9,800=選択文字 / 01=選択始点挿入 / 10=選択終点追加
補足
PPAのマクロ中では $41 などの 16進数表記や変数・数式・関数の使用も可能だが、MACのマクロ中では 65 などの 10進数の定数表記しか受け付けない。
S_ReplaceAll()S_Replace()の繰り返し実行と同じ結果が得られます。 「aaaaaaaaa」を置換するときに「^a」→「」で、「aaaaaaaaa」がすべて削除されます。
一方S_ReplaceAllLine()は「aaaaaaaaa」を置換するときに「^a」→「」で、行頭の1文字だけを消したい場合に使用します。
関連項目
S_Replace() S_ReplaceAllLine() S_SearchPrev() S_SearchNext() S_BookmarkPattern()