添付ファイルの情報



[添付ファイル一覧] [全ページの添付ファイル一覧]

fileFILESRCH.PPA
格納ファイル名:attach/4D6163726F2FC5EAB9C62F313336_46494C45535243482E505041
ページ:Macro/投稿/136
格納ファイル名:attach/4D6163726F2FC5EAB9C62F313336_46494C45535243482E505041
MD5ハッシュ値:e8c32b85b80c43bd1bbd1c469d17bffd
サイズ:3.7KB (3837 bytes)
Content-type:application/octet-stream
登録日時:2006/07/30 04:53:58
アクセス数:299
MD5ハッシュ値:e8c32b85b80c43bd1bbd1c469d17bffd
fileFILESRCH.PPA
  0
  1
  2
  3
  4
  5
  6
  7
  8
  9
 10
 11
 12
 13
 14
 15
 16
 17
 18
 19
 20
 21
 22
 23
 24
 25
 26
 27
 28
 29
 30
 31
 32
 33
 34
 35
 36
 37
 38
 39
 40
 41
 42
 43
 44
 45
 46
 47
 48
 49
 50
 51
 52
 53
 54
 55
 56
 57
 58
 59
 60
 61
 62
 63
 64
 65
 66
 67
 68
 69
 70
 71
 72
 73
 74
 75
 76
 77
 78
 79
 80
// インターネット上の ftp:/http: ファイル検索:選択文字列をファイル名として FileMirrors.com で検索する
 
// TAB=4
// 実行には PPA.DLL が必須です。sakura.exe と同じフォルダに PPA.DLL を入れておいてください。
// マクロファイルの拡張子は .PPA でなくてはなりません。
 
// http:プロトコルとの関連付けを使用して検索ページを表示させます。
// 
// 関連付けの設定がおかしい、などでうまく動作しない場合は Shell の行(関連付けでの起動)を
// 注釈にして Exec の行(Webブラウザの実行ファイルを直接指定して実行)を有効にして使用して
// みてください。
// (その場合、環境に合わせて Exec 中の 'C:\Program Files\Internet Explorer\IEXPLORE.EXE'
//  を書き換える必要があります。)
 
var
    url:String;            // 文字列変数 url を用意
    word,types:String;    // 文字列変数 word,type を用意
    num:Integer;        // 整数数値変数 num を用意
 
    bef,aft,tmp:String;    // 文字列変数 bef,aft,tmp を用意
    chn,pt:Integer;        // 整数数値変数 chn,pt を用意
begin
 
//    // 表示件数 - 無し
//        num :=  10;        //  10件ずつ表示
//    //    num :=  20;        //  20件ずつ表示
//    //    num :=  30;        //  30件ずつ表示
//    //    num :=  50;        //  50件ずつ表示
 
    // 検索条件
        types := 'contains';    // contains        指定文字列を含んでいる物すべて
    //    types := 'equals';        // equals        指定文字列と完全に一致する物のみ
    //    types := 'begins';        // begins with    指定文字列で始まる物のみ
    //    types := 'ends';        // ends with    指定文字列で終わる物のみ
 
    word := Trim(S_GetSelectedString(0));    // 文字列変数 word に「“選択部分の文字列”から先頭と末尾のスペースを削除した文字列」を取得
    // -------------------------------------------------- //
    // 文字列 word 内の記号を置換する。
    for chn :=1 to 7 do        // 7種類の置換を順におこなう。
    begin //{
		case chn of //{
			1:	begin	bef:='%';	aft:='%25';		end;	// ループ1回目では '%' ⇒ '%25' 変換
			2:	begin	bef:='#';	aft:='%23';		end;	// ループ2回目では '#' ⇒ '%23' 変換
			3:	begin	bef:='&';	aft:='%26';		end;	// ループ3回目では '&' ⇒ '%26' 変換
			4:	begin	bef:='=';	aft:='%3D';		end;	// ループ4回目では '=' ⇒ '%3D' 変換
			5:	begin	bef:='?';	aft:='%3F';		end;	// ループ5回目では '?' ⇒ '%3F' 変換
			6:	begin	bef:='+';	aft:='%2B';		end;	// ループ6回目では '+' ⇒ '%2B' 変換
			7:	begin	bef:=' ';	aft:='+'  ;		end;	// ループ7回目では ' ' ⇒ '+'   変換
		end; //}
 
        // ↓文字列 word の中の文字 bef を aft に置換する。
        tmp := '';
        while True do    // 無限ループ
        begin //{
			pt := pos(bef,word);	// word の中から bef の場所を探す。
			if pt=0 then	break;	// bef が見つからないならループを脱出する。
			tmp  := tmp + Copy(word,1,pt-1) + aft;		// tmp の後ろに「word 内の bef の前までの文字列」+「置換後の文字列 aft」を連結する。
			word := Delete(word,1,pt+Length(bef)-1 );	// word の内容を「word 内の bef の後ろの文字列」に変更する。
		end; //}
        word := tmp + word;        // word := 「置換作業が完了した文字列 tmp」 + 「一番後ろの bef よりも後ろの残り部分」
    end; //}
    // -------------------------------------------------- //
 
    if word <> '' then    // 選択中の文字列があった(またはカーソル位置に単語があった)なら
    begin
        // FileMirrors 検索ページの URL を生成 ⇒ 文字列変数 url に格納
        url := 'http://www.filemirrors.com/search.src?type=' + types + '&file=' + word ;    // + '&perpage=' + IntToStr(num);
 
        // ↓Webブラウザの実行ファイル(この場合は Internet Explorer)を直接指定して実行する場合
        // Exec( 'C:\Program Files\Internet Explorer\IEXPLORE.EXE' , url , 0 );
 
        // ↓(http:プロトコルに対する)関連付けにて実行する場合
        Shell( url , '' );
 
        // ※ Shellで使っている「プロトコルとの関連付け」は Internet Explorer によって提供される機能です。
        //  「Windows 95 で Internet Explorer をインストールしていない」などの環境では動作しません。
        //  例えば「Win95 で IE は入れていない。Netscape しか入っていない」という場合は素直に
        //  「Exec を使用して、Netscape.exe を指定する」ようにして下さい。
    end;
end;
 




    


    ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS