History/1.3.10.1

http://sakura.qp.land.to/?History%2F1.3.10.1


Top > History > 1.3.10.1

1.3.10.1 (Jun. 22, 2003)

仕様変更

  • Grep関連の変更(by もかさん)
  • 結果出力が該当部分の場合のヒット後の次の検索開始位置を[前のヒット開始位置+1]→[検索にヒットした文字列の次の文字]に結果出力が該当部分の場合の表示文字列を[検索キー]→[実際にヒットした文字列]にヒットした文字列の表示文字数制限を[結果表示が該当行の場合1000バイトまで/結果表示が該当部分の場合2000バイトまで]→[結果出力形式がノーマル表示の場合2000バイトまで/結果出力形式がファイル毎の場合2500バイトまで]
  • 無関係なオプションをGREP出力に含めないように.

バグ修正

  • BCCでコンパイルした場合も0バイトのファイルが開けるように.(by もかさん)
  • Grepウィンドウからファイルを開くとGrep状態のままファイルを開くことがあったのを修正.(by もかさん)
  • ファイル読み込み時のBOMチェックが変だったのを修正.(by もかさん)

その他変更

  • Grepダイアログの「ファイル」欄が空欄の状態で検索したら「*.*」が指定されているとみなして全ファイル検索.(by もかさん)
  • 文字コードセットを自動選択にしたGrepでファイルが読み込みエラーになった場合にも読み込めなかったファイルがファイル数にカウントされるように.(by もかさん)
  • CShareData::GetMacroName()の戻り値がローカル変数へのポインタを返すことがあったのを修正.(by もかさん)
  • CPPAのメモリーリークの修正とメモリー使用量削減.(by もかさん) タスクトレイから新規エディタを開いたときのカレントディレクトリを最後に使われた存在するディレクトリに.(by げんたさん)
  • 改行コードにかかわらず(改行コードを入れなくても)正規表現の行末指定$がヒットするように.(by かろとさん)

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-07-23 (日) 18:50:22 (4412d)