Macro/投稿/218 の変更点

http://sakura.qp.land.to/?Macro%2F%C5%EA%B9%C6%2F218


Top > Macro > 投稿 > 218

* 新規作成時、一時ファイルに保存し自動保存機能を有効に [#w86b9456]
-ページ: [[Macro/投稿]]
-作者: [[s_hiiragi]]
-カテゴリー: js
-投稿日: 2011-08-14 (日) 23:22:32

** メッセージ [#l2912ae3]
新規作成後の(無題)タブのままメモを書くというスタイルで使っていて、Windowsが強制終了した際にメモが消失するということが何度かあったため作成しました。

サクラエディタの自動保存機能は保存されているファイルに対しては有効ですが、未だ保存されていない(無題)タブに対しては何もしません。そこで、新規作成後に一時ファイルへ保存することで自動保存機能が働くようになります。

Windows XP+SakuraEditor2.0.0.2で動作確認しているため、Vista以降、保存場所によっては問題が起こるかもしれません。その場合、適宜保存先を変更してください。

注意:一時ファイルを誤って閉じたときは、''新規タブを作成せずに''一時ファイルを直接開いてください。
(一時ファイルは"無題_0"から順番に再利用しており、開く際に中身を空にするためです)

問題としては、最近開いたファイルの履歴を一時ファイルで汚してしまう点があります。


2012-04-18 version 2.0
マルチユーザ設定が有効なとき、ユーザ別の設定保存先に一時ファイルを保存するようにしました。
https://github.com/s-hiiragi/SakuraEditor-Macros/blob/master/backup_untitled_tab.js

https://github.com/s-hiiragi/sakura_editor_macros/blob/master/src/backup_untitled_tab.js


#code(javascript,backup_untitle_tab.js)
----
- サクラエディタの共通設定で、ファイルの排他制御を”しない”に設定している場合、正しく動作しないようです。 --  &new{2014-01-17 (金) 15:21:03};
- 排他制御を”しない”に設定している場合、65行目のbreak;をコメントアウトすると動作します。ただ、一時ファイルの削除が行われなくなるので定期的に一時ファイルの削除を主導で行う必要があります --  &new{2014-12-19 (金) 10:09:50};

#comment

    ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS