Macro/投稿/149

http://sakura.qp.land.to/?Macro%2F%C5%EA%B9%C6%2F149


Top > Macro > 投稿 > 149

Excelワークシート関数もどき

  • ページ: Macro/投稿
  • 作者: maru
  • カテゴリー: vbs
  • 投稿日: 2006-08-27 (日) 16:43:17

メッセージ

選択範囲の中にあるすべての数値の合計(つまりSUM関数)などをアウトプットウインドウに表示します.

スクリプト側で配列処理・ループ処理しているので実行速度はあまり期待できません.

関数一覧

excel使いにはおなじみですね。

SUM
数値として認識可能なデータの合計
AVERAGE
数値として認識可能なデータの平均値
COUNT
数値として認識可能なデータの個数
COUNTA
文字列として認識可能なデータの個数
MAX
数値として認識可能なデータの最大値
MAXA
文字列として認識可能なデータの最大値
MIN
数値として認識可能なデータの最小値
MINA
文字列として認識可能なデータの最小値

実行例

タブ・カンマ・スペース・改行コードを区切り文字として認識します.

  • タブ区切り
    src00.png
  • 複数行選択
    src01.png
  • 矩形選択
    src02.png
  • 実行結果例
    result.png
  • カスタムメニュー(Alt+0〜9など)登録例
    menu.png

選択位置の表示について

実行時の選択範囲も出力していますが,エディタ内部で使用する選択範囲の位置指定値とは 異なる値を示しますので注意してください.

一番の違いは桁範囲の解釈です.

エディタの仕様

  • 行の選択範囲1-2では2行選択の意味
  • 桁の選択範囲1-2では1桁選択の意味

しかしExcelのような動作を期待する場合,この値は非直感的な感じがします. このマクロでは以下のように範囲を表示します.

マクロの出力する値

  • "ROW:1-2"は2行選択
  • "COL:1-2"は2桁選択

ダウンロード



URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

添付ファイル: filex01.ZIP 305件 [詳細] filemenu.png 133件 [詳細] fileresult.png 189件 [詳細] filesrc02.png 328件 [詳細] filesrc01.png 192件 [詳細] filesrc00.png 183件 [詳細]

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2006-08-27 (日) 16:44:31 (4435d)