BugReport/173

http://sakura.qp.land.to/?BugReport%2F173


Top > BugReport > 173

Tabキーを「未割付」にしたときにTab文字が入力されない

  • ページ: BugReport
  • 投稿者: anonymous
  • 優先順位: 低
  • 状態: 完了
  • カテゴリー: キー割り当て
  • 投稿日: 2014-07-02 (水) 07:06:19
  • バージョン: 2.1.1.0以後(WinXP 32bit, Win7 32/64bit, Win8.1 64bitの各環境で同一症状を確認)

メッセージ

キー割り当てでTabキーを「未割付」にした場合、Tab文字入力できなくなっています。
ANSI版も含め、2.1.0.0までのバージョンでは、Tabインデント機能は解除されても、Tab文字の入力(S_Char(9)マクロと同等の動作)はできていました。
(同様に、spaceキーを「未割付」にした場合もspace文字入力できなくなっています。)

【追記1】
常駐まで含めて全終了して再起動したらTab文字入力できるようになりました。 設定画面での変更直後は、「Tabインデント」でも「Tab文字入力」でもなく、何もしない動作になってしまっているようです。
【追記2】
svn:3430「Chg: Wine実行判定処理」から動作がおかしくなっています。
必要な処理(設定変更時のアクセラレータテーブル再作成)を削除してしまっているので、Tabやspaceに限らず、キー割り当ての変更後に変更が正しく反映されません。
Tabキーを「未割付」に変更する例では、全終了して再起動しない限り、アクセラレータからTabキーが除去されないので、Tabキーを押したときにWM_CHARではなく相変わらずアクセラレータからの通知メッセージが届いてしまい、それを「何もしない」コマンドに変換する結果になっています。
最新revでsvn:3430の変更をすべて取り消してみたところ、期待通りのキー割り当てで動作しました。


  • 現状、アクセラレータの更新が削除されているのに「タブインデント」を未割当にした後、TABが「タブインデント」にならないのはなぜなんだろう -- Moca 2014-07-02 (水) 12:56:22
  • アクセラレータのcmdてコマンドIDじゃなくてキーコードだからでした。知らなかった。ということは、キーへのコマンド変更は今でも問題なくできて、「登録済み」→「未割当」またはその逆が動作しないということですね。 -- Moca 2014-07-02 (水) 13:04:18
  • はい、そのようです。 -- 投稿者? 2014-07-02 (水) 15:09:58
  • upatchid:857に登録しました -- 2014-07-02 (水) 22:21:06
  • 対応完了:2.1.1.4 svn:3769 キー割り当てが未割当だった/にした場合動作しない(r3430-) -- 2015-02-24 (火) 20:45:21

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White
[添付ファイル一覧] [全ページの添付ファイル一覧]
アップロード可能最大ファイルサイズは 2,048KB です。

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-02-24 (火) 20:45:38 (1358d)