正規表現

http://sakura.qp.land.to/?%C0%B5%B5%AC%C9%BD%B8%BD


Top > 正規表現

正規表現

利用可能な正規表現

使える(かも知れない)正規表現についての解説です。すべての動作を確認することは難しく、またライブラリの更新により動作が変更になることもあります。最終的にはご自分でご確認ください。

不適切な内容があれば修正願います。こちらの内容に修正いただいたものは、本体ヘルプにも反映させていただきます。

基本要素

\退避修飾(エスケープ)
正規表現記号の有効/無効の制御
\の次にある正規表現記号を普通の文字として扱います。またアルファベット文字と組み合わせて特殊な意味を持たせたりします。
|選択子
パターンの論理和
(...)式集合(グループ)
パターンをグループ化。
[...]文字集合(文字クラス)
キャラクタクラス。

文字集合(キャラクタクラス)

[...] の中に以下のものが指定可能です。

...[ABC]はAかBかCのどれかにマッチします。
^...否定
[^ABC]はAとBとC以外の任意の1文字にマッチします。
x-y範囲
[A-Z]は、「A」から「Z」までの文字のどれか1つとマッチします。
[...](鬼) 文字集合内文字集合
..&&..(鬼) 積演算
[:xxxxx:](鬼) POSIXブラケット
[:^xxxxx:](鬼) POSIXブラケット(否定)

(鬼) はbregonig.dllのみ

量指定子(数量子)

最小一致
(無欲)
最大一致
(欲張り)
*?*直前のパターンの0回以上の繰り返し
+?+直前のパターンの1回以上の繰り返し
???直前のパターンが0回または1回現われる
{n}?{n}直前のパターンの n 回の繰り返し
{n,}?{n,}直前のパターンの n 回以上の繰り返し
{n,m}?{n,m}直前のパターンが n 回以上、 m 回以下

正規表現Aを[A-Z_]*PROC 、正規表現Bを[A-Z_]*?PROC とします。
 SAKURA_COLLBACKPROC_BREXP_PROC
という文字列中で、最初にマッチするのは以下のようになります。
 Aの場合: SAKURA_COLLBACKPROC_BREXP_PROC
 Bの場合: SAKURA_COLLBACKPROC

文字

\t水平タブコード(HT,TAB)
\nラインフィード(LF)
\rキャリッジリターン(CR)
\b後退空白/バックスペース(BS)
[ ]の中でのみ有効
\fフォームフィード/改ページ(FF)
\a鐘/アラーム(BEL)
\e退避修飾/エスケープコード(ESC)
\ooooに8進数で文字コードを指定する (oは1〜3桁)
\xHHHに16進数で文字コードを指定する (Hは1〜2桁)
\x{HHHH}(鬼) 拡張十六進数表現(Hは1〜4桁)
\c[コントロール文字([はコントロール文字)
\Q(鬼)\Eに至るまで 正規表現演算子(正規表現記号)を抑制します
\E(鬼)正規表現演算子(正規表現記号)の抑制状態を終端します

(鬼) はbregonig.dllのみ

文字種

.\nを除く任意の1文字 [^\n]と同じ
\w単語の構成文字 [0-9A-Za-z_]と同じ
(鬼)2バイト文字も含む
\W単語の構成文字以外
\s空白文字
\S空白文字以外
\d10進数字
\D10進数字以外
\p{property-name}(鬼) キャラクタプロパティ
\p{^property-name}
\P{property-name}
(鬼) キャラクタプロパティ(否定)

(鬼) はbregonig.dllのみ

位置(錨)

^行頭
$行末
\b単語の境界
[ ]の中ではバックスペースの意味になります
\B単語の境界以外
\A文字列の最初
\Z文字列の最後(最後が改行ならば改行の直前)
\z(鬼) 文字列の最後
\G照合開始位置

(鬼) はbregonig.dllのみ

後方参照と部分式呼び出し

\n番号指定による後方参照
( )でグループ化した文字列を、\n(nは1以上の整数)で参照します。
\k<name>
\k'name'
(鬼) 名前指定による後方参照
\k<name+n>
\k<name-n>
\k'name+n'
\k'name-n'
(鬼) ネストレベル付き後方参照
\g<name>
\g'name'
(鬼) 名前指定部分式呼出し
\g<n>
\g'n'
(鬼) 番号指定部分式呼出し

(鬼) はbregonig.dllのみ

拡張式集合

(?#...)注釈
()捕獲式集合
(?:)非捕獲式集合 (グループ化のみ)
(?<name>)
(?'name')
(鬼) 名前付き捕獲式集合
(?=)先読み
(?!)否定先読み
(?<=)(鬼) 戻り読み
(?<!)(鬼) 否定戻り読み
(?>)(鬼) 原子的式集合
(?imsx)孤立オプション
i: 大文字小文字照合
m: 複数行(サクラエディタではデフォルトでon)
s: 単一行 (. が \n にもマッチ)
x: 拡張形式(空白を無視、# 以降を無視)
(?imsx-imsx)(鬼) 孤立オプション(bregonig.dllではオプションの否定が可能)
(imsx-imsx:)(鬼) 式オプション

(鬼) はbregonig.dllのみ

置換で使える参照

$n番号指定参照
( )でグループ化した文字列を、$n(nは1以上の整数)で参照します。
サクラエディタでは$nの代わりに\nも使用できます。
${n}(鬼) (安全な)番号指定参照
後ろにそのまま続けて数字を書くことができます。
$&マッチした文字列全体
$+(鬼) 最後にマッチした部分文字列
$+{name}
$-{name}[n]
(鬼) 名前指定参照(Perl 5.10 互換、推奨)
\k<name>
\k'name'
(鬼) 名前指定参照(鬼車準拠)
${name}(鬼) 名前指定参照(独自拡張、暫定仕様のため非推奨)

(鬼) はbregonig.dllのみ

bregonig.dllへの変更による違い

\w は2バイト文字も含む。
\w は [A-Za-z0-9_] に加え、2バイト文字も含みます。これに応じて、\W, \b, \B の動作も変更になります。
[ ] の中に [ を書くときは必ずエスケープが必要。
文字集合の中で文字集合や積演算が使えるようになる代わりに、[ そのものを書くときは必ず \[ と書かなければならなくなりました。
\c\ の動作が異なる。
Bregexp.dll では、\c\ は Ctrl+\ を意味していますが、bregonig.dll では、\c の次の \ はエスケープとして解釈されます。Ctrl+\ を指定するには \c\\とする必要があります。(Perl の仕様と異なるため、変更される可能性があります。)
置換で \ooo の動作が少し異なる。
Perl の動作に近づけてあります。

改行の検索

サクラエディタで改行(CRLF)を検索する場合は、\r\n で検索して下さい。

改行(CR,LF,CRLFのすべて)を検索する場合は、[\r\n]+ のように指定してください。

改行(CR,LF,CRLF,LFCR)と、最終行の行末を検索する場合は、$ と指定してください。


ヒント
正規表現を検索、置換、Grepで利用する場合、「/」をエスケープしたり、「/」で囲ったりする必要はありません。

追加情報
検索、置換、Grepでは、Bregexpに渡す文字列を以下のようにしています。[0xFF]は、\xffとします。
検索時のオプションは「m[0xFF]Pattern[0xFF]km」です。
置換時のオプションは「s[0xFF]PatternBefore[0xFF]PatternAfter[0xFF]km」です。
また大文字小文字を区別する場合は最後に「i」が付加されます。


リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-09-20 (土) 21:08:42 (1522d)