コマンドラインオプション

http://sakura.qp.land.to/?%A5%B3%A5%DE%A5%F3%A5%C9%A5%E9%A5%A4%A5%F3%A5%AA%A5%D7%A5%B7%A5%E7%A5%F3


Top > コマンドラインオプション

コマンドラインオプション

ここに挙げたコマンドラインオプションは、サクラエディタが内部的に使用するものです。

  • 誤った指定をした場合等の動作は全く保証しません。
  • オプションは英大文字小文字を区別しません。
  • オプションで使う'='(イコール)の代わりに':'(コロン)を使うこともできます。
  • Win95/98でオプションを環境変数に設定する場合は'='が使えないので':'を使って下さい。
  • 普通の人はコマンドラインオプションを使う必要はないでしょう。

Note: 1.5.13.0より大文字小文字は区別されなくなりました.1.5.13.0以前は大文字小文字を区別します.

ファイルオープンに関するオプション

[ファイル名]
編集するファイルを指定。一つだけ指定可能。""で囲ったほうがいいです。
-X=
ファイルを開いたときのカーソルの桁位置を指定
-Y=
ファイルを開いたときのカーソルの行位置を指定
-VX=
スクロール:ウィンドウ左端の桁位置
-VY=
スクロール:ウィンドウ上端の行位置
-CODE=
文字コード種別 (0=SJIS, 1=JIS, 2=EUC-JP, 3=Unicode, 4=UTF-8, 5=UTF-7, 6=UnicodeBE, 7=CESU-8, 99=自動判別)
{実行ファイル名で文字コードを指定する方法もあります。
(例)sakura0.exe=SJIS sakura2.exe=EUC-JP sakura4.exe=UTF-8
-TYPE=
タイプ別設定の強制指定。拡張子で指定します。
(例)
-TYPE=txt
タイプ別設定をテキストで開く
-R
読み取り専用で開く
-SX=
ウィンドウの幅を指定します。
-SY=
ウィンドウの高さを指定します。
-WX=
ウィンドウ位置のX座標(1開始)。
-WY=
ウィンドウ位置のY座標(1開始)。

単独で使用するオプション

-NOWIN
タスクトレイのみ起動。既にサクラエディタが起動している場合は無効
-DEBUGMODE
アウトプット用のウィンドウとして起動

Windowsの起動と同時にサクラエディタを常駐したい場合、ショートカットのプロパティでリンク先のexeに -NOWIN を指定してスタートアップフォルダーに入れておくといいでしょう。

Grepに関するオプション

-GREPMODE
Grep実行モードで起動
以下のオプションは -GREPMODE と同時に指定します
-GKEY=
Grepの検索条件
"'で囲む。条件中の'"'は二つの連続した'"'にする
(例)
-GKEY="printf("
「printf(」を検索
-GKEY="printf( ""%s"
「printf( "%s」を検索
-GFILE=
Grepの検索対象のファイル
'"'で囲む。条件中の'"'は二つの連続した'"'にする
-GFOLDER=
Grepの検索対象のフォルダー
'"'で囲む。条件中の'"'は二つの連続した'"'にする
-GREPDLG
サクラエディタが起動すると同時にGrepダイアログを表示します。
-GCODE=
Grepでの文字コードを指定します。
-CODEと同じように数字で指定します。
-GOPT=
[S][L][R][P][W][1|2][K]
Grepのオプション
[S]
サブフォルダーからも検索
[L]
大文字と小文字を区別
[R]
正規表現
[P]
該当行を出力/該当部分だけ出力
[W]
単語単位で探す
[1]
ノーマルの結果出力。1か2のどちらかを指定します。
[2]
ファイル毎の結果出力。1か2のどちらかを指定します。
[K]
-GCODE=99と同じ意味です。
互換性のためだけに残されています。
(例) -GOPT=SRK

  • エクスプローラ(フォルダーウィンドウ)の送るメニューや、IEのソースの表示ではコマンドラインオプションを設定しても、無視されてしまいます。これを回避するにはヘルパーアプリケーションが必要です。

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-01-08 (金) 10:45:49 (895d)